大事な食生活

人間も猫も食生活は大事です。特に猫の場合は穀物のほかにも食べていいものや制限すべきものがあり、与えるほうも注意しなければなりません。ここで、キャットフードの選び方のポイントをまとめてみましょう。

キャットフードは総合的に栄養バランスが取れるように作られています。その上で、まずは、猫の成長期に合わせたものを選びましょう。子猫、成猫、老齢期というふうにだいたい分かれています。種類としては、総合栄養食、一般食、副食、間食、栄養補助食品のほか、療法食などがあります。総合栄養食は、文字通り猫にとって必要な栄養分がバランスよく配合されていて、他に水さえ取っていれば大丈夫なものです。一般食は、どちらかというとおかず的なものなので、間違えないようにしましょう。基本的には総合栄養食をメインに与えるようにしましょう。さらに、より安全な材料を使っていたり、また添加物やアレルギーを起こしやすい穀物類などが入っていないなど、より健康に留意した内容のものもあります。

基本的に猫が健康で元気いっぱいであれば、どのキャットフードでもかまいません。ですが、いつもと違う症状が現れた時などはキャットフードの成分を確かめるなどして、早めに対応しましょう。

猫が食べてもいいもの

キャットフードのみを食べる場合は、総合栄養食というものがバランスよく栄養素が取れるため、とてもいいものでお勧めですが、日常生活で注意すべき食物もあります。つい可愛いからと言って食べ物を与えてしまわずに、本当に大丈夫なものかどうか知るのも大切です。

まずは、ユリ科の植物であるネギや玉ねぎ、にんにくなどでこれらは有毒とされています。注意したいのは、人間が食べるものを少しくらいならと言って分け与えるときです。見た目にはそれとわかるものが入っていなくても、エキスとして入っている場合があり、少しの量でも思わぬ事態を引き起こすことにもなりかねません。イカ、タコ、エビ、あわび、ノリなどの一部の魚介類、コーヒー、紅茶などのカフェイン類、生の豚肉、レーズン、カカオ、チョコレート、リンゴや杏子、ももなど思った以上に多いものです。牛乳も子猫以外は下痢をしやすいため、お勧めできません。この他、にぼしや鰹節など量を制限したほうがいいものも多くあります。

このように、昔のねこまんまのイメージとは違い、猫にとってはあまり良くないものもあるので、やはり総合的に栄養を考えて作られたキャットフードをメインに選ぶのがよさそうです。

穀物は必要か

猫は本来肉食動物です。主に、ねずみや小鳥、両生類や昆虫などの小動物を捕食したり、低いところの草を食べます。野良ネコはもちろん、普段からエサに困らない飼い猫もその習性があるようです。そのため、基本的に野菜や穀物類は摂らなくても問題はないのですが、ほとんどのキャットフードには小麦やトウモロコシなどが入っているようです。猫本来の食生活を考えると、穀物は特に必要ないことになりますが、コスト面と身体をなめたときの毛玉を吐き出すための食物繊維としての働きを助けるよう入っている場合が多いようです。ただし、個々の猫、それぞれの体調や性質によっては、消化不良やアレルギーを起こしやすい猫もいるので、与えすぎには注意が必要です。特に小麦や大豆などの穀物、牛肉や豚肉、牛乳などもアレルギーの原因となりやすいものです。

最近では、こういった事情を踏まえ、猫の本来の食生活に戻そうという考えのもと、穀物不使用のキャットフードも注目されるようになってきました。本来の食生活に近い状態ですので自然に栄養バランスを保てるようになり、アレルギーを起こすこともなく体調も良ければ、今後ますますそういったキャットフードは多く販売されるようになるでしょう。

キャットフード事情

以前は、飼い猫の食事といえば、いわゆるネコまんまと言われるもので、残りごはんに鰹節やみそ汁などを掛けた質素なものでしたが、最近は穀物はあまり良くないといわれ、穀物の入っていないキャットフードが販売されるようになりました。猫は本来肉食で、穀物などの炭水化物はもたれやすく、消化不良をおこしやすいのですが、昔はキャットフードが無かったため、猫まんまのような食事になったのでしょう。栄養はほとんど考えられることなく、塩分と炭水化物だけの摂取で終わっていたようです。

その後、キャットフードが販売されるようになってから、栄養状態も良くなり、長生きする猫も増えてきました。種類も豊富で、乾燥したものや缶詰、食材そのものを使っているものなど、必要な栄養素ももちろん混ぜ合わせて、それだけでも十分事足りるくらいの満足したものが出来上がっています。それらは、人間から見てもとても美味しそうなものばかりです。最近は、さらにペットとしてだけでなく、家族の一員、もしくはそれ以上の存在としてより身近なものになっているため、食事や体調なども気に掛けるようになりました。そういった事情からもキャットフード自体もどんどん進化して、これからも充実したものになっていく気配を感じます。

ここでは、さまざまなキャットフード事情や選び方のポイントから穀物不使用のフードなどについてまとめてみました。みなさんの愛猫にも参考にしていただければ幸いです。