穀物は必要か

猫は本来肉食動物です。主に、ねずみや小鳥、両生類や昆虫などの小動物を捕食したり、低いところの草を食べます。野良ネコはもちろん、普段からエサに困らない飼い猫もその習性があるようです。そのため、基本的に野菜や穀物類は摂らなくても問題はないのですが、ほとんどのキャットフードには小麦やトウモロコシなどが入っているようです。猫本来の食生活を考えると、穀物は特に必要ないことになりますが、コスト面と身体をなめたときの毛玉を吐き出すための食物繊維としての働きを助けるよう入っている場合が多いようです。ただし、個々の猫、それぞれの体調や性質によっては、消化不良やアレルギーを起こしやすい猫もいるので、与えすぎには注意が必要です。特に小麦や大豆などの穀物、牛肉や豚肉、牛乳などもアレルギーの原因となりやすいものです。

最近では、こういった事情を踏まえ、猫の本来の食生活に戻そうという考えのもと、穀物不使用のキャットフードも注目されるようになってきました。本来の食生活に近い状態ですので自然に栄養バランスを保てるようになり、アレルギーを起こすこともなく体調も良ければ、今後ますますそういったキャットフードは多く販売されるようになるでしょう。